空を見上げて
トップページ » 捏造事件―「あるある大事典」納豆騒動のウラ

捏造事件―「あるある大事典」納豆騒動のウラ

今日は、生産者、消費者、流通にとどまらず、株価にまで影響を与えている
「あるある大辞典」の納豆騒動について。

何故書くかというと、太めの?私自身、1月8日〜15日まで
試験的に1日に2回納豆を食べ続けたからです。

結果、ただですらきつかったズボンのボタンが飛びました。ホントに!(笑
それで、こりゃあ効果なしとさっさと諦めた後のびっくり報道。


先ず思い浮かんだのが昨年TV関係の幹部から、親密な酒席で聞いた話。

「TVを含めマスコミの上層部は視聴率しかアタマにない。
 これでまともな報道をするのは難しい。定年を迎える前に辞める道を模索している。」

誠実な方なので、
やはりマスコミは相当おかしくなっているのだなと強く印象に残りました。


さて、今回の「あるある大辞典」納豆騒動のおよその経緯は、こんな感じでしょうか。

1、1月7日「納豆のダイエット効果」放映
2、「週刊朝日」から、事実と異なるとの指摘
3、→「あるある」「フジテレビ」「関西テレビ」
4、関西TVが制作を下ろしている「日本テレワーク蝓廚慊敢彩仁瓠
5、「日本テレワーク蝓廚撮影(制作?)を下ろしている「VIC」を調査?
6、捏造発覚
7、関西TVの謝罪会見と今後の調査誓約
8、「あるある」単独スポンサー「花王」が降板を表明

  *「?」マーク箇所は責任のなすりつけを暗示しています。

21日の放映は見送ったとのことですが、癸犬鮃佑┐泙垢
96年10月から続いた「あるある大辞典」はこれで終止符といったところでしょうか。

癸海蓮◆屬△襪△襦廚蓮峇慇升圍屐廚農作され、フジテレビ系で放映されているので
一派ひとからげにしました。

癸瓦痢崙本テレワーク蝓廚魯侫献謄譽咾隆慙企業で、大手制作プロダクションですが、
捏造の前科があります。それでも関西TVがここへ制作依頼を持ち込むのは
フジとの力関係から仕方のないことだったのでしょうか?

とすればフジテレビは番組審議と管理の責任だけでは済まされないですね。
このことはご記憶ください。・・・記憶されましたね!

癸気痢孱孱稗叩廚蓮▲侫犬任魯后璽僉璽縫紂璽后朝日では報道ステーションの
撮影も手がけているようです。
ここでも「日本テレワーク蝓廚関与していないとは考えにくいですね。

癸靴瞭睛討蓮△劼匹ぁ何で!としか言いようがありません。
「アメリカでの取材が難航、スタッフが追い詰められたことが一因」とか言ってるようですが、
これが食品「衛生」に関わることであれば、不二家とどちらが上手?といった感じです。
ご参考までに関西テレビの謝罪文を文末に記載しました。


これらの関係先HPトップをざっと見てみます。

「あるある」→「関西TV」で謝罪文あり。

「日本テレワーク蝓廝街圓亮婪疂犬△蝓B召浪饉勸篤發盍泙疂頂疹態。(現在)

「フジテレビ」および「VIC」謝罪文なし。


ここまでで、何となく見えてくるものがありませんか?
何処が中核になってこの「犯罪」を企んだのか。
何処が命令して何処が従ったのか?
放映する上で、何処がそれを見抜けなかったのか。
またもや「僕は報告を受けてなかったのでカヤの外である」という態度と、
慎重を装う?姿勢が何を意味するのか。(気の廻しすぎでしょうか?)


こうなってくると「あるある」のこれまでの情報全てを疑いたくなります。

そして、思います。

捏造を見抜けなっかた体制を築いてきた視聴率の狂信者たる上層部は、
これからも世を断罪する超大手マスコミの上層部としておさまるのか。

さらに辞職に追い込まれても「億」単位の退職金を受け取るのか。
これらにダメ出しする勇気ある方は内部にいないのか、いれないのか。

中身は異なりますが、NHKでも嫌というほど私たちは経験しました。
嫌なことに、結局「不公平是正」を大儀名分にツケを私たちに廻してきましたね。

昔私たちが学習して、若い者達や子供達に伝えているはずの
「コモンセンス」は一体どうしたのでしょう?

次から次へと出てくる組織の不祥事。
親が子供に自分の勤め先で作る食品を薦めることすら出来ない時代。
親がわが子に誇りを持って自分の仕事を語ることすら出来ない時代。
これで若者云々してる大人を信じる若者、子供が育つと思いますか?


おっと、気持ちが熱くなってきました。

残念ながら、もう酒を飲んで床に入る時刻です。


最後に報告します。

夕方立ち寄ったスーパーで、納豆のコーナーを見ると
数日前までと打って変わり、たくさん売れ残ってるじゃないですか。

レジのおばちゃんに聞くと、
売れなくなったんじゃなくて、元に戻ったんだよって。

でも太った私の腹回りは未だ元に戻りません。

全然関係ないですけど、本来のこのブログのテーマである
ページトップの「無料レポート」もご贔屓の程よろしくお願い申し上げます。
このブログにないことが書かれていることもありますので。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。


*記事に誤りがある場合、是非コメントにてご指導くださいますよう
 重ねてお願い申し上げます。



                       すぐに踊る日本人TARO

(参考)

日本テレワーク株式会社      http://www.tvw.co.jp/
VIC              http://www.e-vic.co.jp/jp_contents/shooting/index.html

(参考記事)

ICHIKEI's Blog          http://blog.ichikei.biz/
たんぽぽ日記           http://blog.livedoor.jp/dandelion896/archives/51846084.html
勤務医 開業つれづれ日記     http://ameblo.jp/med/entry-10023973734.html
納豆ダイエットの効果はあるのかないのか?納豆ダイエット情報局
                 http://nattou-diet.jugem.jp/?eid=9

(関西TV謝罪文)

2007年1月20日
視聴者の皆様へ
関西テレビ放送

1月7日(日)午後9時〜9時54分放送の「発掘!あるある大事典II」
第140回「食べてヤセる!!!食材Xの新事実」におきまして、
番組内容に事実とは異なる内容が含まれていることが判明いたしましたので、
お詫びを申し上げます。視聴者の皆様の信頼を裏切ることとなり誠に申し訳ございませんでした。
事実と異なる内容につきましては以下のとおりでございます。

1.  アメリカのダイエット研究の紹介におきまして、56人の男女を集めて、実験をしており、
被験者がやせたことを示す3枚の比較写真が使われておりますが、
この写真について被験者とは無関係の写真を使用いたしました。

2. テンプル大学アーサー・ショーツ教授の日本語訳コメントで、
「日本の方々にとっても身近な食材で、DHEAを増やすことが可能です!」
「体内のDHEAを増やす食材がありますよ。イソフラボンを含む食品です。
なぜならイソフラボンは、DHEAの原料ですから!」 という発言したことになっておりますが、
内容も含めてこのような発言はございませんでした。

3. 番組で実験を行った8名の被験者について、
放送では「中性脂肪値が高くてお悩みだった2人は、完全な正常値に!」とコメントし
数字をスーパーしておりますが、
コレステロール値、中性脂肪値、血糖値についての測定は行っておりませんでした。

4. あるあるミニ実験として、納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、
朝晩1パックずつに分けて食べた場合の比較実験ですが、
血中イソフラボンの測定は行っておらず、比較結果は架空のものでした。

5. 番組で実験を行った8名の被験者について
「体内で作られるDHEAは20代をピークに減少、
食べ過ぎや運動不足によってDHEAの量が低下している可能性があるのだとか!
20代から50代の男女8人の血中DHEA量を測定。さて結果は?」として
22歳OL、25歳会社員、37歳会社員のDHEA量を測定し年齢の基準値と検査結果をテロップ表示で
比較をおこなっておりますが血液は採集をしたものの、実際は検査を行っておらず、
数字は架空のものでした。また、ここで使用している
「DHEA分泌は加齢とともに低下する」ことを示したグラフは許可を得ずに引用いたしました。

また、アメリカのダイエット研究の紹介部分について、
あたかもテンプル大学のアーサー・ショーツ教授が行った研究と受け取られる構成になっておりました。
この研究はワシントン大学のデニス教授の研究であります。
                                                     以上















トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星