空を見上げて
トップページ » Outlookアドレス帳の簡単バックアップ(エクスポート)

Outlookアドレス帳の簡単バックアップ(エクスポート)

パソコンのトラブルは或る日突然訪れます。


重要ファイルのバックアップは常識になっていますが
Outlookアドレス帳やメールのバックアップ(エクスポート)などは
意外と後回しにされています。


会社や自分の重要書類はバックアップしてあるが
お客様や恋人からのメールや、そのアドレスは放たらかしに
なっているとすれば片手落ちと言わざるを得ません。


最低限次の4つのバックアップをとっておきたいものです。


1、Outlook Expressのバックアップ(メールの保存)
2、Outlook Expressバックアップ以降の受信メール保存
3、アドレス帳のバックアップ
4、Internet Explorer「お気にいり」のバックアップ


Outlookメールのバックアップは簡単!(その1)(その2)では
既に「送受信」されたOutlookメールをバックアップする手順および
1でバックアップをとった後に「受信」したOutlookメールを
保存しておく方法をお伝えしてきました。


今回は上の4つのうち「3」の具体的手順をお伝えします。


これまで同様
出来れば外付けHDD(ハードディスク)を使った
バックアップ環境を整えてから実行されることをお奨めします。


40GBで1万円未満:速度は速く、操作も超簡単です。


遅くて面倒なら嫌になって
途中で投げ出すはめになりかねませんので。



3、アドレス帳のバックアップ

 
 Outlook Expressを開き、以下の手順で取り出します。
   
 「ファイル」メニュー
   ↓
  エクスポート
   ↓
  アドレス帳
   ↓
 「テキストファイル(CSV)」を選択し、「エクスポート」をクリック
   ↓
  バックアップ先のフォルダを指定(デスクトップなど)
   ↓
  バックアップファイルの名称を付けて「保存」

 その後デスクトップからHDにドラッグ&ドロップして
 バックアップは終了です。



1,2に比べて一層簡単でしたね。



ぜひ1、2、4の保存とともにやっておかれることをお奨めします。


4については次回お伝えします。


なお、一気にやってしまいたいという方のために
私の無料レポートのURLを掲載しておきますので
DLしてお読みいただければ幸いです。


お手許に置いておけるのでじっくりお取り組みいただけます。



無料レポート

ネット&ビジネスで知らないと致命傷!
【パソコンのトラブルに備えて
メール・アドレス帳・お気に入りのバックアップをとる方法】
   ↓
http://tinyurl.com/2ggo2s


                         
                           TARO





トラックバックURL
トラックバック
1. バックアップ運用  [ IT用語 ]   2007年12月18日 03:35
日々発生するデータを保全するためのバックアップ作業。以前はサーバーからSCSI経...
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星